Skip to content →

総量規制対象外の三井住友銀行カードローンの審査について

現在は総量規制という制度ができていまして、年収の3分の1までしか借りることができません。借りるには年収証明書を提出しなくてはなりませんで、もし出さなければ新規で借りることはできませんし、それどころか総量規制導入時には、
証明書を出させて残高が年収の3分の1より少しでも多かった人は、それまで長く利用していて延滞もなくきちんと返済を続けていた利用者であっても一律で貸し出しをやめ返済のみにする、という厳しさでした。総量規制は現在でもきっちり運用されています。

しかしこれは銀行以外の金融機関の場合です。銀行は実は総量規制対象外でしてこの制限を受けません。三井住友銀行カードローンも総量規制対象外ですので年収の額とは関係なく利用することができます。しかも三井住友銀行カードローンは銀行のカードローンとしては金利が低めですし、三井住友銀行自体が伝統があって信頼度が高いですので、三井住友銀行カードローンを利用したいという人が今もたいへん増えています。

しかしカードローンというのはそもそも無担保ローンですし、総量規制がない分しっかりと審査をしています。三井住友銀行カードローンは最短30分審査をうたっていまして銀行としては珍しいほど速いのですが、しかし判定はきちんと厳密に行なわれていると言えます。

まず重視されますのは安定した収入で、これは申し込める条件の欄でも明記されています。仮申込書では本人の年収や役職、入社年月だけではなく勤務先の事業内容や社員数まで書くようになっています。もう一つ大事なのはこの時点での他社の借り入れ状況で、他に無担保ローンを借りている人は何件何十万円かを書くことになっています。

その一方で今現在三井住友銀行とどういう取引をしているかを書く欄もあります。現在すでに三井住友銀行で口座振替などを利用している人は審査に有利となります。
三井住友銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら

Published in カードローン 未分類

Comments are closed.